21025番の子

国際教養大学(AIU)6期生 ゆかり 帰国しました("Ta Love!")→大学生活後半戦


top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

So, besically I'm "stuck"

Hey guys :)
I'm in the IC (Information Commons) right now, and it's about quarter past two in the afternoon.
I've had my afternoon tea, bought three posters for only £10 which is not too bad yeah? I guess some of you are wondering why I'm writing in English because I know that is the exact question which I was asking to my self a second ago.
This computer in the IC is quite international-students-friendly, if I'd name it as it has million languages in its language bar where I've chosen 'Japanse' obviously.... well, the result of this is as you can see here ;P

So, three days has nearly past since my classes started. You know, I was so excited that I couldn't even sleep at night (not). But it turned out that I only have 6 hours a week for both my lectures and seminars, which means I only have classes on Mondays and Thursdays. You may think I'm lucky that I can party and just sleep in during the week as well as weekends. I thought so too. However, the reality isn't that sweet; it's always ugly.

Here's the reality, the real life of Yukari the Japanese exchange students in the University of Sheffield.

Yesterday, I got up, had shower, put my brand-new Shefield hoodies on and by the time I was online to chat with my friends on skype, it was like 10 in the morning. I talked to two of my best friends back home, updated each other and everything. Then I went out to the IC to start some "independent study", basically just reading textbooks. Then I met my friend from Zambia when I collected all the books for my essential reading for the module, Understanding the Media. We had lunch together, had a bit of gossiping with the promise of another catching up session at the end of the week. It just pretty much painful afterward. I was out of the IC around 5 pm and all I finished were the introduction and chapter 1 of one of the books written by my lecturer which are only 25 pages. Oh dear.
Pretty disappointed with myself, I went home with a cup of coffee hoping that it will cheer myself up.

Then somehow, the feelings of loneliness, a bit of sadness as well, dominated me when I turned on my PC in my room where loads of clothes scattered on the floor, my bed unmade and the empty walls and the space in the middle. I couldn't find a word to describe my feelings apart from the Japanese one, "samishi". It's not that I don't like it here or I don't have friends. I know that it's nothing. Probably just one of the stages of culture-shock. I knew it but was still confused as I had never expected myself being this depressed in a way.

Anyway, my point is, I'm homesick or rather friend-sick. But as I've spilled everything here, I think I'll just stop thinking about it. Because it doesn't worth using my time for! I'm only gonna be here for a year and I'm here to make the most out of it. Let me remind myself that I AM HAPPY.

Wow, that was such a random post, wasn't it? lol


I hope everyone had an awesome day ;) xxx
スポンサーサイト
TB:0CM:2edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

「読む」

無事1日目が終了しました!うへいっ☆

明日からまさかの2連休です。
というか週2日出勤です笑

授業1日目を一言でまとめるなら…迷子

基本的に全クラス10分以上遅刻←

教室がどこにあるのか全く分かりません。
イギリスの建物全部一緒に見える!
ほんま、路上で雨に打たれながらしわっしわになった大学の地図片手に「ワタシワダレ?」状態でした。

泣けるわ―。



でも、今日の授業は全部イントロダクションだけだったし、特に問題はなかった…と思います←

教授はみんな素敵ダンディーおやじーずです。
自分の本が露骨にも推薦図書のリストの一番上にででーーーーんって書かれています。ふふwww

ジャ-ナリズムも中国の経済の授業も必読書のリストが5・6冊あって、早くも心が砕けそうです。
いや、挫折留学なんじゃけえ負けんもん!!!

ということで、明日と明後日はちゃんとお勉強します。


実は、ジャーナリズムとか歴史がメインの授業をとっているくせに、TOEFLではリーディングのスコアが一番悪いんですよ、私。ほんとどうしようもないくらい読むの遅くて。
ちなみにTOEFL ITPでは文法が一番低いです。あのセクションのせいでこれ以上点数上がる気がしませんw

でも、このセメスターの授業は基本的に期末テストで成績が決まってしまうんです。
ということは今のうちに頭の中にいっぱい情報をインプットするべきなのです。
明日からの2連休は遊ぶためじゃないのだよ。勉強するのだよ!!!!

新しい留学中の目標:読解力と批判的視点を養う。


ふぁいてぃん!!!
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

授業が始まるのどえす。

ですです。

さっき時間割確認したら、授業月曜日と木曜日しか入ってません。


まさかの事態や!!!HAPPINESS☆



でも友達が言うには、授業始まってから急に時間割変わったり、セミナー無いように見えた授業に実はがっつりセミナーついてたりするらしいから・・・あんまり調子には乗れないわけで。

これが噂のイギリス事務…。



最初の授業は10時からです。
そんな早くなくて良かったー^^


と思っていたら、教室どこかわかりませんwwww


実はSheffield大学は講義棟が一か所にまとまらず、バラバラに建てられているので、残念な人は10分間の休み時間で競歩並みの速さで歩かないと次の授業に間に合わないということもあるみたいです。


で、さっき地図で確認したら・・・・・・・・・・・・・遠い。


普通に歩いても家から30分はかかる。


明日は初日だし、若干迷子になることを考慮しても40分は余裕もって家出ないと間に合わない(涙
明日の朝は雨降りませんようにーーー!!

イギリス留学初の授業はめっちゃ緊張するけど、やっとジャーナリズムの授業受けれる!
今までこんなに授業始まるのがうれしいって感じたことないです。

1週間後には課題出されて泣いてたりね…?w


挫折留学の始まりや!!頑張れ自分!


The Vapors - ♪Turning Japanese

↑今週末、Leedsに行ったときに友達に教えてもらった歌。
イントロのメロディ思いっきり中華風なのにwwwww
キャッチ―なサビが頭に残ります^^
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

履修登録完了!!

このへっぽこブログを読んでくださっているみなさんは、私が5月末に書いた
「禁煙は、長年かける自殺行為である」という記事を覚えているでしょうか?
タイトルと内容全然違うんだけど、要約すると5月末の時点では、私がSheffield大学でジャーナリズム授業を履修するだけの英語力がないということでことごとく履修希望に「NO!!」と書かれたという悲しいお話。





がしかーーーーーーーしっ!!!!




実は神様というのは万人に優しいもので。
この悲劇のお話は実はハッピーエンドに終わるのです。
一部始終はこんな感じ↓

9月20日。Sheffield大学のFirth Courtという建物の中、留学生を対象に履修登録の説明会がありました。
スライドの全てが終わり、スクリーンには名前のリストが。

"Those who are listed below please remain."的な居残り命令がありまして。

ええ、私の名前はがっちり載ってましたとも。

「強制送還!?まだ2週間くらいしか経ってないのにーーー(ノД`)」

って思いながら、おそるおそるスタッフのお姉さんに近づく・・・。


ゆかり:「あ、あの~さっきスクリーンに名前があった者です・・・(わ、わたし帰国ですか?????)」
お姉さん:「あぁ、OK!あなたジャーナリズムの科目を履修したいって希望を出してたみたいだけど、TOEFLの点数足りなかったのよね?」
ゆかり:「!!・・・そうなんですよ~。でも実はその後また受験して、なんとか点数上げたんですけど、必要条件より1点足りなくて…(涙」
お姉さん:「あら、そうなの・・・それは残念ねえ。」
ゆかり:「あ、でも、この大学の卒業生で私の英作文の先生にお願いして推薦書を書いてもらったんですけど、履修登録のときに聞いてみたらなんとかならないですかねえ???」
お姉さん:「う~ん・・・。断定的なことは何も言えないけど、新しいTOEFLの結果と推薦書を持ってModule Enrolementに行ってみて!もしかしたら受け入れてもらえるかもしれないから!^^」



うおおおおおおおお!!!!!希望の光☆☆☆




そして2日後のModule Enrolement。
Journalism Studiesのブースに並んだ私は内心どっきどき!
でも、対応してくれた教授、とってもいい人でした。そして結構適当。

教授:「君、1点足りないだけでしょ?大丈夫なんじゃない?今、私の言ってること理解してるしね^^うん、おっけい!」

とまあ、意外と簡単にJournalism modulesの履修完了!

結果として、1年間で9科目履修するうち、5科目(=半分以上)がJournalism modulesとなりました!
いえいっ!!!!^^

ちなみにAIUでの専攻は東アジア研究なんだけどね。(。´-ω・)ン?


ということで、私の履修する科目はこんな感じ!↓

Autumn Semester
・Chinese Economic Development
・Tabloid Journalism
・Understanding the Media
・Alternative Media


Spring Semester
・Gender in East Asia
・East Asian History
・Contemporary Chinese Politics
・Ethics and Journalism
・Current Debates in Broadcasting




本当は各セメスター60単位まで、1年で120単位までしかとれないんだけど、
東アジア研究の先生が例外を認めるということで秋は50単位、春は70単位をとって全部で120でOKということにしてくれました!先生ありがとう^^



といっても、これで私の春セメはかなりきつくなると思うんだけどね…。


まあ、頑張れば何とかなるだろうと・・・・だろうと!!


ということで、来週から授業です。
教室どこかわかりませんw←


・・・・楽しみっ♪
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

フラットのおはなし。―フラットメイトはお年頃

Best_Friends_by_piiratexcore_convert_20100924175158.jpg

今日は私の同居人たち、Flat 5の住人の紹介をしようと思います。

Room 1
・・・私です←
日本からの留学生。東アジア研究専攻だけど履修した科目の半分以上はジャーナリズム。

Room 2
イギリス人学生ケリー。1回生。
実はこのフラットに引っ越してきてから3日以上彼女の姿を見た人はいなかったという面白ストーリーありw
全員の共有部分であるキッチンの真隣の部屋なのにw
というのも、彼氏が近くに住んでるので良くそっちに遊びに行ってるみたいです。
ちなみに彼氏は33歳(!!!!!!!!!)
とってもピュアな日本語学科専攻(笑

Room 3
中国人のエマ。エンジニアリング専攻で、正規学生として今年から1回生を始めます。
エマという名前ははもちろん英語名で、中国語名は・・・多分「王」さんだったはず←
(教えてもらったけど覚えてないわ―)
料理好きで、いつもぱたぱた歩いてるのがエマ。なんかみんなの妹的存在を既に確立中。
暇があるとIELTSの単語帳を眺めている彼女に若干の焦りを感じちゃいます、わたくし日本人19歳w
Sheffieldで中国語の授業とらない代わりにエマに色々教えてもらおうと思ってます♪

Room 4
イギリス人の4回生、エル。エルの専攻はロシア語とスペイン語。
去年は1セメスターずつ各国に留学していました。彼氏はスペイン人らしいよ♪
シェイクスピアの生まれた街、Stratford-upon-Avonの近くで生まれ育ったのに、観光地には一度も行ったことないそうです。近過ぎると「いつでも行けるし~」って思うもんだよね。
ということで、彼女は強制的に私のツアーガイドになります笑←
正規学生で4年生の彼女は、既にSheffieldの街や大学生活のことをかなり熟知してるのでみんなのお姉さん的存在かな。
履修のこととかちょいちょいお世話になりました^^

Room 5
フランス人のモーガン。法律専攻で、私と同じく留学生です。でも4回生。
彼氏と一緒に留学に来ていて、彼氏のフラットが斜め前なので、良く2人でご飯作ってます。
めっちゃ明るくて、おしゃべりなモーガン。彼氏を交えてセーラームーンとかポケモンの思い出話が出来たりして、かなり面白いです。フランス人とこんなに盛り上がれるなんて、完全に想定外やwww
モーガンと彼氏が2人でキッチンにいると、自分の留学先がイギリスじゃないみたいです。
ちょいちょいフランス語を教えてもらって、ちょいちょい言ってみて、コミュニケーションを図ってます。
ま、とりあえずは「うぃ」って言っとけばなんとかなるよ←

Room 6
イギリス人のソフィー。こちらもまた1回生で、地理専攻。
初めて会ったときに「何の専攻なの?」って聞いたとき、あからさまにめんどくさそうな顔して「…地理」って答えてたのが印象的でした笑
出身はロンドンの近くのKentというところらしいけど・・・よくわかんないです。
インディーロックが好きで、一緒にBarのイベント行ったりして少しずつ仲良くなろう作戦実行中。
実は月曜日は彼女の誕生日!昨日さっそくプレゼントとカードを買ってきて、後はケーキだけかな^^


これがFlat 5の愉快な仲間たちです♪
なかなかインターナショナルじゃーーーん!年齢も色々でいい感じにミックスされてます。
特にうるさい子だったり、引きこもりがちな子がいるわけでもないし、みんな社交的でめっちゃ良い子たちです。
これから1年絶対に楽しくなると思う!^^

キャンパスライフと一緒に、ちょいちょいフラットメイトの話も書いていくので、今後に期待してください!
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

フラットのおはなし。

これまで留学生向けのオリエンテーションについて書いてきましたが、
実はそのオリエンテーション終了から1週間が経とうとしています。

オリエンテーション期間中は、The Endcliff Villegeという大学所有のフラットに宿泊していました。
でも、オリエンテーションが終わった後、これから約1年間のイギリス生活の中心となるフラット、
その名もBroad Lane Court Flat 5にお引っ越ししてきました。

ほんま何回引っ越しさせたら気が済むんよっ?;;;



今日はフラットのおはなし。

Sheffield大学には大学所有のフラットや寮がたくさんあって、The Endcliff, Ranmoore, City Centreの3つのコミュニティに大まかに分けられています。
私が住むフラットははCity Centreコミュニティに属していて、大学のメインキャンパスにも市街地に行くにも一番近くて便利な場所にあります。
道路を挟んで反対側にはSt.George's Churchがあります。
(でも今は教会としてではなくて教室兼フラットとして使われています。)


で、部屋はというと・・・


こんなん!
62267_469161306207_614231207_7129520_4603495_n_convert_20100924180828.jpg

トイレ&シャワー付きのen-suiteなんだけど、やたら広いwww

1年間の留学だから、そんなに荷物もないし、これから買うわけでもないし・・・
この真ん中のスペース、すっごい持て余してます(笑

備え付けられているものは、机、ベッド(マットレスのみ)、クローゼット、トイレ、シャワー、洗面台、ゴミ箱、電話、以上。
後は自分で揃えるしかないみたいです(涙


うわーーーーー布団と枕買いに行かんと今夜寝れんがーーーん!

っていうのが、「この部屋広っ!!!!」の次に思ったこと。

結局引っ越した日の午後、留学生の友達と買い物に行ったんだけど掛け布団カバーだけ買い忘れて、掛け布団だけそのままの状態で寝てますw←

机に座って見える景色はこんな感じ↓
62267_469161301207_614231207_7129519_7347110_n_convert_20100924180926.jpg

お向かいさん丸見え^^♪

Taylor SwiftのYou belong with meのPVみたいです。
いや、そんなにもロマンチックじゃないです←

フラットメイトと共有するのはこのキッチン。
63350_469161291207_614231207_7129517_3402081_n_convert_20100924180856.jpg

62979_469161296207_614231207_7129518_907782_n_convert_20100924180913.jpg

このフラットは私を含めて6人の女の子でシェアしてるんだけど、お互いのことを全く知らずに来たから、
なぜか色んな物の数がやたら多いw

冷蔵庫開けたら牛乳4本とか、食器洗う洗剤3つ(全部開封済み)とか 笑

なんか・・・効率悪いw

部屋はなかなか日当たり良いし、けっこう快適なのでなんだかんだいって気に行っています^^
でもやっぱり部屋寂しすぎるから写真とか現像して壁デコレーションしちゃおうと思います♪


TB:0CM:2edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

私が思う高校留学と大学留学の違い- Day 5

この日はオリエンテーション最終日。
前日の夜は"Club Night"があって、大学のUnionにあるFusionっていうクラブで踊りまくって来ましたー^^
ほんで何故かその後友達の家に行って、そのまま泊まってしまい・・・
ゆかり、イギリス上陸2週間余りにして初の朝帰りでございます笑←
早朝7時のSheffieldの朝日はまぶしかったさーーー!

ということで、ヘロヘロな午前。
さすがのスタッフも参加者の二日酔いを予想したのか、全部のアクティビティーが選択制になってました笑
午後はオリエンテーションの締めくくりということでFormal Dinner!
民族衣装を着ている学生もいて、良い雰囲気の中イギリス料理とは思えないくらい美味しいチキンとチョコレートタルト(!)を頂きました^^
(注)イギリス料理は予想よりは美味しいけど、例えばモールで買うChips(フライドポテト)はいもと油の味しかしません。塩もかけてくんないのか。

そして最後はやっぱりダンス!とりあえずDJ引っ張り出してきて踊っとけば場が締まるイギリスです笑



こうして長かったけどほんまに楽しかったResidential Orientation 2010は終わりました。
----------------------------------------------------------------------------------------------
ここからはタイトル通りの記事へ。(9月23日現在)
高校時代にオーストラリアへ留学した私ですが、1つ前の記事にも書いたように高校留学と大学留学ってやっぱりちがうなーって感じています。

違うポイント① 留学準備
高校時代は高校の姉妹校の数も限られていて、VISAの取得も海外旅行保険も高校の先生がかなり簡略化してくれていたり親に大部分を頼っていましたが、大学生は全て自己責任です。申請も自分で行くし、留学先への連絡も自分でやらないとだめです。

違うポイント② 住居
高校留学の時はホームステイでした。大学に入ってから友達に聞いても、大半はホームステイだったみたいです。
やっぱり高校生はまだガーディアンが必要な年頃だし、ホストファミリーとの生活を通して得るものって本当に多いしそれがもたらす影響も半端ないと思うんだよね。その分大変な部分もいっぱいあるんだけど。ホストはいくら赤の他人と言ってもやっぱり留学中の親だからね。
これはイギリスの大学特有なのか良く分かんないんだけど、今度はフラットに同年代の学生と、それも違う国籍、文化の人とごちゃ混ぜになって生活しています。生活の流れにも学生らしさが漂うし、それに伴って抱える問題とかもホストファミリーのそれとは全然違うと思います。
フラットメイトに何も言わずに彼氏連れ込むなとか、私の卵食ったの誰やーとか、試験期間中くらい音楽なしで頑張れとか・・・w
住居はやっぱ生活の中で大部分を占めるし、それによって留学の思い出の善し悪しもある程度決まるんだろうと思います。ちなみに私のフラットメイトは今のところめっちゃ良い子たちで、これから楽しくなりそーう♪

違うポイント③ 生活全般
まだ授業始まってないんだけど、世界各国で高校生と大学生の違いって選択肢の数とか自由度かなあって思います。年齢も関係してくるけど、行ける場所や出来ることの数も種類も全然違います。
やっぱ大学生のほうが夜遊びに行ったりしやすいし、授業の選択も出来るし、違う言葉を使うなら、自分の言動をコントロールできる。そうすることが期待されているし、年齢的にもそうできるからこそ、より自由なんだろうと思います。留学生も同じで、出来ることが多い分自分から色んなことにチャレンジすればするほど、限られた留学期間中に得られることもどんどん大きくなっていくんだろうと思います。
お金の自由もきくしね。

違うポイント④ 出逢い(人)
大学留学はとにかく規模がでかい!と思う。
これは私の留学先が総合大学だからかもしれないけど、現地の学生数も多ければ留学生の数もめっちゃ多いわけで。これによって出会える人の幅がぐんっと広がります。色んな国籍や文化背景を持った人たちが集まると、互いの文化か価値観の共有から、自分はこれからどうしたいのか、何で留学したのか、何でそれぞれの専攻を選んだか・・・等々、文字通り十人十色の答えが返ってきます。
会う人一人ひとりから刺激をもらうし、自分も頑張らんとっ!って思います。高校でみんなで同じ勉強をして比較的小さいコミュニティ内でなんとか頑張るよりは、楽な環境ともいえると思います。特に言語が壁になりやすい留学生にとっては。だって、日本におっても「はい、今日から○○高校に行ってください。」って言われて今更溶け込める気せんしなw

ポイント⑤もきっとあるはずなんだけど、頭の整理がまだ完全じゃないのでまた続きがあれば書きます。
今日はメモ的記事でした-^^
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

Blue sky and the sun- Day 4

オリエンテーション4日目。
何で昨日は晴れなかったのに今日はど快晴なんだろう?
イギリスの天気はマジでKYです。ところで、風邪ひきましたゆかりです。

この日も朝からレクチャー。AIUでもやるように、カルチャーショックについてでした。
日本にいるときはホストとしてAIUに来る留学生のカルチャーショックを和らげる意味でレクチャーを受けてたけど、今後は自分が留学生。イギリス人学生や、Sheffieldの住民からどう見られるか、どうやってカルチャーショックからのストレスを最小限に抑えるか等々、色々学びました。ほおーーーー。

午後はSheffieldの中心街へCity Trailに!
この日初めてトラム(Sheffieldの街を走る路面電車)に乗りました!
ノルウェー人のKaya,スウェーデン人のMarit,ドイツ人のSophieと一緒に行ったんだけど、4人とも黄色い紙とペンを手に行き当たりばったりwwww

特にMaritとSophieはLandscapeの修士学生。
街中のおしゃれな建物とかベンチとか、とにかくデザイン性の高いものを見つけると観察せずにはいられないみたいでした笑

「え?トラムってどこでお金払うのー?」(答え:トラムの中ですw)
「ねえ、これ『郵便局で切手買え』って書いてあるけど、私買わないわよ。メールで十分じゃない。」
(結局買いませんでした、Marit)
おっちゃん:「悪いんだけど、君たち○○通りってわかるかな?」
「そこ、私たちが目指してるところなんですけど…」
おっちゃん:「ところで、この地図便利だね!これ、もらっていい?」
「・・・・・。」


てな感じでSheffieldの街をぐるぐる回ること2時間時半。
ようやく最後の指令もクリアしてなんとか任務終了!最後にタダでイギリスらしくAfternoon teaを頂いて、寮へ帰って行きました。


留学生同士の交流は、出身国が違っても共有できる経験が多いし、それぞれが自分の国を紹介しようとする姿勢とか違う文化を吸収しようという姿勢を持っているから彼女たちと過ごす時間は本当に有意義で、ときにハッとさせられるように刺激的です。

今この時点ですでに、高校留学と大学留学って全然違うなーって心から感じています。
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

"English weather is so moody!" "Yeah, it seems like it has light depression." - Day 3

イギリスの天気は本当に気紛れです。
オリエンテーション3日目は朝から曇り空。そうだよねイギリスだもんね。文句言ったって太陽出てこんわな。うん。

この日も朝からレクチャー。
履修登録のこととか、病院とか予防接種とかblah blah blah...

ほんで、午後は国立公園であるPeak Districtへバスツアーに行ってきました!
全部説明するのは面倒なので←
Wikiのリンクと写真でお楽しみください(笑
60416_467987026207_614231207_7102762_3606504_n_convert_20100920171005.jpg

60416_467987036207_614231207_7102764_6281886_n_convert_20100920171039.jpg

イギリスらしいふっさふさの芝生がとこまでも続く丘にぺかーーーーーって広がってて、
その中を羊が優雅に走り回っている・・・もちろん天気は悪いんだけど、その情景は抜群に美しいです。


農場や田舎と言えば田んぼのイメージしかない私は凄く新鮮で、感動しっぱなしの景色でした。


そして、このトリップのメインであるChatsworthへ。
Chatsworthは、「プライドと偏見」等数々の映画のロケ地となった場所で、この地域、デヴォンシャーの侯爵(Dukeと呼ぶそうです)とその夫人の住まいでもあります。

ででーーーーーーーんっ!
60905_468053376207_614231207_7104141_1624890_n_convert_20100921180605.jpg

62933_468052636207_614231207_7104110_7222768_n_convert_20100921180726.jpg
この家の壁画や天井画は基本的に一人のアーティストが何十年もかけて住み込みで手掛けたものだそうです。
めっちゃ暇そうに立っていたガイドのおばちゃんいわく、そのアーティストはなかなかのプレイボーイだったそうで、それを良く思っていなかったメイドと仲が悪くて、その嫌悪の思いを込めてある天井にそのメイドを毛むくじゃらの魔女として描いたそうです。

小学生かっ!?!?笑

私たちが見学に行ったときも観光客立ち入り禁止場所があって、「本当に住んでるんだな」って思いました。
60178_468052971207_614231207_7104117_4245969_n_convert_20100921180652.jpg
デュークの美術品コレクションは素晴らしいです。

61059_468052966207_614231207_7104116_5838255_n_convert_20100921180631.jpg
デュークん家、中に噴水あるんだぜ!!すっげーーーー!!!笑

イギリスで初めて観光地らしい場所に行ったわけだけど、かなり楽しかったです!
他にもいろんなところに旅行するの楽しみー^^
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

"India has everything."- Day 2

インド人の友達に囲まれて、イギリスにいながらインディアンアクセントの英語を着実に習得中です、ゆかりですw

今日は大学に行って、Students'Unionという日本でいう生協でオリエンテーションがありました。
Students' Unionはイギリスの大学なら絶対にある、大学からは独立した完全に学生主体の団体であり、ビジネスグループであり、政府のような機関でもあります。
Sheffieldの場合は、大学のキャンパスの中心にUnionがあって、大学のグッズ、カフェ、バー、クラブ、パブ、講堂、コンビニ、キャリアセンター、ボランティアセンター、銀行、Media Hubという広告や新聞・チラシの作製&印刷のできる施設等々、とにかく学生のニーズを総動員させたような建物です。

イギリスらしく、入ったそこは何故か3階なので自分がどこにいるのか把握するまで若干時間がかかります(笑


その後はキャンパスツアーやアイスブレーキングをやって、友達・・・通りすがりにHello!って言い合える友達が増えました!

ぱっと見た感じでは、インド人が5割以上を占めていて(笑)
意外と中国人少ないなーって感じています。
中国人かなーって思えばオーストラリアやカナダ、ニュージーランド、マレーシア出身だったりするしねw
人は見かけじゃわかんないものです笑
(これは人種差別的目線じゃなくて、ステレオタイプ的目線で見た結果、ね↑。)

日本人とドイツ人もなかなか多いです。
その日本人の中で、岡山県民が私を含めて4人もいることにもさらにびっくりw
同じ学部に留学している人もいるので、クラスかぶるかもねー^^

留学生に囲まれていると、日本人同士でも気負いすることなく英語で話せるので、出発前に抱いていた自分と同じ日本人留学生に対する変な感情(上手く説明できないけど、なんとなくわかってもらえるはずw)はあんまり感じずにやっていけそうです。
But, we'll see.....


その他にも新たにスロベニア人、ザンビア人、スペイン人、キプロス人の子とめっちゃ仲良くなって友達に関する不安はとりあえず解消されました。よかったよかった♪


昨日はバーが閉まっても飲み足りないのでわざわざスーパーに行ってビールをゲットし、
インド人の友達と深夜の宅飲みwwww
インド人がお酒を飲むという概念がなかった私にはちょっとショッキングな出来事でした笑



3日目のレポートもかみんぐすーん^^

TB:0CM:2edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

Residential Orientation Day 1

Sheffieldに着いてから1週間が経ちました!
City Centreまで行って買い物するくらいはなんとか出来るようになったよ!エライ!←
はい、ゆかりです。


今日はResidential Orientationという、留学生向けのオリエンテーション初日ということで、
お世話になっていた友達の家からEndcliffという大学の寮に短期ながらもお引っ越し♪


お世話になったScott, Daisuke-san,そしてEddie・・・また行くよw


The Endcliffは、キャンパスから徒歩で30分強くらい歩いたところにあります。
寮内にバーとかあって、なかなかのおしゃれさんです。
そして5千人くらい収容できるSheffield大学のカオナシ的存在です。
・・・たぶんそうでもないですw

AIUのこぢんまりした感じに慣れすぎると総合大学にビビっちゃうね 笑

でも私が1年間住むのはキャンパスから徒歩5分くらいのBroad Lane Courtなので、
多分こっちにはあんまり来ないんだろうな、なんて勝手に妄想してましたw

でも、今日仲良くなったKayaというノルウェー人の女の子と、Maritaというスウェーデン人の女の子2人はここに住むらしいので、思った以上にこっちに通う可能性大ですw

オリエンテーションはというと、今日は取りあえず短期の部屋の鍵をもらって、食事をして、なぜかBall Room Danceのレッスンを受けて終了w

ワルツとかチャチャチャとかやったんやでwww
足長美人がみんなしてダンス上手いわけでもないことも、今日初めて知りました 笑

思ったよりも日本人の留学生もちらほら見かけます。
日本の大学との提携多いから、そんなにも驚くことないんだろうけどね。
高校時代の苦い経験を思い出すとなんだか他の日本人留学生に対してポジティブになりきれない自分がいます。



とにかく、まだ1日目!
明日から本格的にオリエンテーションらしいことが始まりそう!がんばろーーー


TB:0CM:4edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

ネットが使えない件について

6日にSheffieldに着きました!!!!

だーけーどーーーー・・・

居候している友達の家にネットがないw


だから、また当分更新できなさそうです(涙
書き溜めて、後でUPしますねー!

せば、またそのときまで。
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

So, I'm in the UK

はい。イギリスに着きました!今はLeedsという町の友達の家にいます!
ネット使えてよかったー!!

Amsterdamを経由して、Manchesterに着いたのが現地時間で17:25分。
うーーーーーー。眠いw
あ、Amsterdamからの機内でアジア人は私一人だけでした。
周りは気にしてないんだろうけど、私は内心かなりアウェーw

Manchesterの空港にある駅からはなんだかよくわかんないまま電車に乗って1時間半後にはLeeds。


車窓から見える景色は、さすがイギリス、茶色い
ほとんどの家がレンガ造りの壁、こげ茶色の屋根、白の窓枠、そして煙突。
ここにはいったい何組のシルバニアファミリーが住んでるんでしょうか?w
Sydneyで一般的なカラフルな平屋とは全然違いました。
The Libraryっていうレンガ造りのイギリスらしい建物がクラブだったりするのもイギリスらしいっちゃらしいね。


あわせて13時間以上かかったフライトですが、機内では全く寝れず。
映画3本、ドラマ1本、The Simpsonsを1エピソードみて、後は食べるか、ぼーーーーーーっとしてました。
機内食はなかなかおいしかったよー!特にサラダが気に入りました。帰路も楽しみしとこ♪

あ、でも途中めっちゃイライラしたん!!!!!
CAが軽食にアイスとカップヌードルを配ってくれたんだけど、通路を挟んで隣に座ってたおっさんがもう、最低で・・・。

ちゃんと見てないけど(真隣にいて直視してたら変だけどw)寝ていた何かで、軽食を配られなかったおっさん。
でもCAが5列目くらい前に進んだころ急に立ち上がって、

「お前何しとんねん?わし聞かれてないやんけ!?」と日本人のCAにつっかかる。

CAは慌てて、誤りながらカップヌードルを渡す・・・までは良かった!(ていうかまだ許せる範囲)

その後なぜか「F**K!」と捨て台詞。周りにはもちろん日本人だけじゃないし、子供だって座ってるのに。

そしてなんと彼はまたCAを呼びつけ、「このカップヌードルぬるいねん!こんなもんもできひんのか!?」

ゆかり心の声:Err.... Excuse me sir??????


機内は揺れるし、高度も高い場所にいるからどうしても熱湯は注げないじゃん!
しかも、限られた人数の中何十人っていう乗客に配ってたら多少麺ものびますわなw
このおっさんほんま小さいわあ~・・・って思いながら一睨み←

そしたら今度は、エコノミークラスのチーフCAらしき人(多分オランダ人)を呼びつけて、自分が30年前にはアメリカの大学を卒業したとか、今の仕事は貿易系だとか、お金と労働についてとか・・・
うんたらかんたら~って英語でまくし立てたと思ったら、
今度はさっき日本人のCAが取り替えてくれたカップヌードルのカップに指を突っ込んで、
「This is not hot enough! You can have bath in here!」って(←いや、風呂は無理やでwwwww

ほんで、今度はそのチーフCAが軽食用よりも大きい通常サイズにお湯を入れてきて、丁寧ながらも
「これで満足でいらっしゃいますか?????怒」みたいに聞いたわけw
それでも不服なおっさんはさらに文句を言いつつ、「もういい!」っていって食べ始めましたw

そしたら数分後同じサイズのカップを新たに用意して、「こちらは完全に100℃のお湯を入れてまいりました」って言いながら、結局は合計4つのカップヌードルを運ばせたおっさん。

しかもその4つ目は「もうお腹がいっぱいだからいらない」とかいってはねつける始末・・・



あああーーーーーもう、怒りを通り越して、同じ日本人としてものっすごい恥ずかしかった!
彼の気づいてない間に、思いっきり睨んでやったさ!!!なんだあいつは!?
しかもおっさんの眼鏡のフレームが私のとそっくりすぎてそれにもイライラ←


誰しも日本から一歩外に出れば「日本人」という一般化された国民性や文化を持つ集団として見られるわけで、個人の行動が集合としての「日本人」に対する印象やステレオタイプの形成につながると思う。

長時間いすに座ってて、ケツ痛いし寝れんしそれだけで気分乗らなかったのに、おっさんのおかげでイライラもMAXに達しました。

だけどその後、フランス人の小さい女の子が鍵も閉めずにトイレに入って、ドアの開け方がわかんなくなって
中から「マダーーム?」って言ってきたのはほんっとかわいかった!!!


天使の笑顔にいやされて、私のイライラフライトは緩和されたのでしたw
TB:0CM:2edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

いってきます。

後10分で離陸です。
(って言っても、この記事予約投稿なんだけどねw)

これから、合計15時間半のManchester行きの旅の始まりやー!
飛行機13時間も乗ってたら絶対にケツ痛くなるんじゃろーなw

今は不安よりも、良い意味での緊張とわくわくでいっぱいです!
待ってろイングランドーーーっ★


思いっきり秋なのに、春の歌↓
始まりの時の歌や^^

♪ACIDMAN-式日

TB:0CM:1edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

描けたよ^^

掃除中に見つけた描きかけのキャンバスの絵、完成しました★
Facebookには即効UPしたんだけど、こっちにも!

46966_461756371207_614231207_6960776_7667021_n_convert_20100902111303.jpg

家のスキャンだと何故かPDF保存しかできなかったから写真で。

もともと背景はピンクで、グラデーション付けて…とか考えてたけど
結局原画通りの黒にしちゃいました^^


満足の出来やー!


------------------------------------


気付けば出国前日!!

目前すぎるとあっけないもんですね(笑


AIUでは授業が始まっているみたいですが、私は今日は母と一緒に大阪に向かいます。


鶴橋で韓国料理ディナーする!

出国前夜なのに韓国料理っていうw

めっちゃ忘れ物してそうで心配です。
パスポートとチケットと保険とお金とスーツケースの鍵があればOKだよね!

ついでにいうと免税店で買う予定のお土産が鞄に入るのか!?
うーん・・・まーなんとかなるっしょ♪
TB:0CM:2edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース


top

アクセス数
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
PROFILE

ゆかり

Author:ゆかり
ゆかりです
出身はおかやま
国際教養大学6期生(3回生)
Global Studies専攻
東アジア研究にしようと思ってたけど、一番興味あるのはメディア&ジャーナリズム!

2010年9月~2011年6月 英国はSheffield大学に留学。

My Favorites
赤い物・民族っぽい物・英語・春・Visual Arts・Dance ・Volleyball・スキー・田舎・Shopping・お好み焼き・靴・Blogging・推理小説・寝ること・食べること・祭り・ロングスカート・旅行・映画・ランバンの香水・・・ってキリ無いなw


いろんなことに興味があって、「?」探しの毎日。ちっちゃいことに怒って泣いて笑っていることがおっきい幸せに繋がるって信じてます。

そんな21025番の子。

コメント&リンク大歓迎です^^

初めての方はこちらへ

何かありましたらこちらへ↓
red2003003(at mark)yahoo.co.jp


↓ランキング参加してます!





にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます!フォローお願いします^^
yayapotterをフォローしましょう

CATEGORIES
最新記事
月別アーカイブ
CALENDER
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。