21025番の子

国際教養大学(AIU)6期生 ゆかり 帰国しました("Ta Love!")→大学生活後半戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

Which do you support?

政府の現実主義?それとも、民衆のアジア主義??



日本の外交の課題です。
2週間もらって、3ページのレスポンスレポート書くんよ。


ま、1週間この課題放置してましたけどw
ほんで、2回あった週末ももう終わりそうですけどw



昨日、図書館に意気込んで行ったのはええものの、隅っこで朝まで爆睡していたのは私ですorz
おかげさまで、よく寝れました^^←



というわけで、今日は一日中図書館に引きこもり。
書けません。
というか、まだ1文字も書いてない。
名前も書いてない。
てかワードすら開いてない。
うーーー、そろそろおうちに帰りたい{えw





今更ながら、歴史の勉強はおろそかにしちゃいけないと思いました。
そして、中途半端に課題の度に苦しまなくても良いように・・・一般常識としてきちんと歴史のこと知っとかんといけんなー。




ちなみに、今のところ私は当時の日本政府の現実主義、すなわち列強国にがっつりついて行って
自国の防衛をしっかりすること。攻撃や侵略から国民を守ることを優先すべきだと思います。

あの時代、それ以外に日本が生き残る術はなかったんじゃないかなあ?

アジア主義はやっぱり魅力的だけど、理想だけでは生きていけない。
アジア諸国の自由と独立を目指して・・・と唱える一方で、アジアのリーダーになろうとして。


結局は現実主義で「朝鮮半島を他国からの侵略から守る」という名目で支配をするのも、
「アジアのリーダー」という肩書きで支配者になるのも、結果だけを見れば同じようなこと。


仮に、アジア共同体、みたいな感じで各国の独立を守りあう状況を作り出せたとしても、どこかの国が欧米の帝国主義国に侵略されたら、共倒れするか仲間割れするかになってしまうような気がするし。

その状況下で一番邪魔くさいのは日本だから、意外と一番にやられるのは日本だったりして・・・


リサーチ不足の頭で妄想しよったら、やっぱり「安全に見える」策が魅力的に見えてくる。
下手にまわっとるよなぁー、自分。チキンなのでw


という方向で、ちゃちゃっと終わらせます。
もー、時間かかりすぎ(-д-)




TB:0CM:1edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

I support the government's realismですよ、ゆかりと同じく。

こじ|2010/02/15|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能
アクセス数
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
PROFILE

ゆかり

Author:ゆかり
ゆかりです
出身はおかやま
国際教養大学6期生(3回生)
Global Studies専攻
東アジア研究にしようと思ってたけど、一番興味あるのはメディア&ジャーナリズム!

2010年9月~2011年6月 英国はSheffield大学に留学。

My Favorites
赤い物・民族っぽい物・英語・春・Visual Arts・Dance ・Volleyball・スキー・田舎・Shopping・お好み焼き・靴・Blogging・推理小説・寝ること・食べること・祭り・ロングスカート・旅行・映画・ランバンの香水・・・ってキリ無いなw


いろんなことに興味があって、「?」探しの毎日。ちっちゃいことに怒って泣いて笑っていることがおっきい幸せに繋がるって信じてます。

そんな21025番の子。

コメント&リンク大歓迎です^^

初めての方はこちらへ

何かありましたらこちらへ↓
red2003003(at mark)yahoo.co.jp


↓ランキング参加してます!





にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます!フォローお願いします^^
yayapotterをフォローしましょう

CATEGORIES
最新記事
月別アーカイブ
CALENDER
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。