21025番の子

国際教養大学(AIU)6期生 ゆかり 帰国しました("Ta Love!")→大学生活後半戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

"Life Is A Journey"- HSCと大学受験

冬セメも残すところ1週間余りということで、バタバタしてて更新滞ってました。


記事書かずに何やってたかというと…鍋❤


今夜はSRTメンバーで本格キムチ鍋&チヂミ&(鍋に入れ忘れた)もやしのナムル!
うまかったあー^^!
一週間分の栄養、しっかり吸収しましたw←


韓国料理好きな人、気が合いそうですねー^^
ということでクリック★↓




そして今日も続くのです。
12月には学校が終わり、南半球のオーストラリアの学校は新学期まで、約1カ月の夏休みに入ります。


この時期、留学生はたいてい一時帰国するのですが、
せっかくの留学だし、真夏のXmasとかお正月を味わいたかったので私は残ることにしました。

それでもやっぱり高校3年生。大学受験のことはかなり気になっていました。
自分は将来何をしたいんだろう?
大学に行ってどんな生活を送りたいんだろう?
どんなことに興味があって、何を学びたいんだろう?
私は………????
ってなかんじでw


自分の興味とか関心、夢とか将来の目標とかについて考え始めたのはこの頃だったと思います。
もちろん、センター利用はかなり難しいので、帰国子女枠か推薦・AO入試を目標に大学選びをしました。

だから、私は同期のみんなが高校時代に経験した、模試とか判定とか、偏差値とか正直よくわかんないです。
模試は高1の時に何回か受けさせられたっけ?
なんか、胃がキリキリするようなテストだった気がするw


だから、大学選びも点数がどうとかじゃなくて、自分の興味のあるところで利用できる入試方法が採用されているところを探していきました。
自分の数字上でのレベルがわからなくて、全国での自分の位置…っていうのかな?
そういうのがなかったから、めっちゃ適当にやってた気がする。とりあえず有名どころ見たりとか。



でも、私にはもうひとつやらなきゃいけないことがありました。
HSC!!!
HSCは、11月にある本試験の前に、3学期分のHSC課題が敵的に出されて、その成績とファイナルの試験の成績で
UAI(University Admissions Index)の数値が決まります。
UAIは偏差値みたいなもので(計算の仕方は違うと思うけど)高ければ高いほど、
進学できる学部のレベル・領域が高く、広くなっていきます。


HSCでは最低単位数が10単位なので、私はFood TechnologyをDropした5教科を履修していました。
その中の2科目、Visual ArtsとSociety & CultureはMajor Workといわれるプロジェクトがあり、
全体のHSCの30%を占めていたので、その2科目についてはMajor Workに力を入れてました。

これ結構大変なんだけど、自分の留学の中で一番楽しくて、自分の世界を広げられた要因の一つだなって思います。


Artはアクリル画とLino版画をやりました。
初めて人物画をキャンバスに描いて、私はその楽しさに魅せられた!



自分の見る人の姿を、キャンバスの上で表現するのって難しいんだけど、私はそうやって無心に色と筆と
絵具まみれの手とでキャンバスに向かってるのが好きでした。



Scoeity & Cultureは、社会学的コンセプトのもと、自分の身の回りのことを調査して、5.000-6,000 wordsにまとめる、Personal Interest Project(通称 PIP)というもの。
私のテーマは『なぜ日本人学生は海外に留学するのか?』というもので、『留学は思春期の学生にとっての内面的な成長・発達に大きな影響を及ぼすから』という仮定の下、アンケートとか統計見たりとかして書いていきました。

留学=成長って簡単に言うけど、その何が1人の人間の成長に影響を与えるのか、すっごい興味があったし、
自分自身の留学について考えるいい機会になるプロジェクトでした^^


やってるときは逃げたかったけどw←





大学入試の準備とHSCの課題を同時進行でやるのは、もちろん簡単ではありませんでした。
小論文の練習のために、週末に学校に行って1日中課題とにらめっこしたりwww

それでも、日本で受験やってる子よりは楽な方だったはずだけど(絵ーとかw)、
自分は受験をしに来てるのか、留学をしにきてるのか、そもそも何で日本の大学に行きたいのにオーストラリアにいるんだろう・・・とかいろいろ考えました^^;
ま、やるしかなかったんだけどね。


実際、オーストらリアでの大学進学も考えたんだけど、あっちの大学は外国人正規学生へは政府の補助金が出ないので、あり得ない額の学費が必要で断念しました。
社会学とかやりたかったんだけどなあ~。


日本の大学を決める時も、ホントは「コレがしたい!!」って思って決めてたわけじゃないんです、私。
自分が何したいか、全然わかんなくて。
どうしよう、どうしよう・・・って考えてるうちに時間はどんどん過ぎて行ってしまい…。


今までやってきたこと、自分が好きなことをどうにかくっつけて導き出したのが、
「メディア系の仕事」っていう分野。
コレについては何度かこのブログでも触れてると思います。


そういう相談をずーーーーっとしてて留学コーディネーターの恩師が紹介してくれたのがAIUでした。
同じ留学団体でD高校に留学していた先輩が2期生としてAIUに入学したという経緯もあって、私も興味を持つようになりました。

某関東の某国立大学(T大ではないw)と都内の某私立大学も出願したよ。

で、AO受験はAIU→私立→国立の順で受験のはず
・・・だったんだけど、AIU合格の結果が私立の前日に出て安心しきった私は、
私立だけ受験して実家に帰り(2年ぶりw)国立は推薦辞退をさせていただきました。






AIU入学までのことは、別のカテゴリで書いてるけど、
その間、父にはよく「国立受けとけばよかったのに…」って言われてました。
やっぱりAIUはまだまだ無名。
受かったわけじゃないから何とも言えないけど、
受けない≠不合格だと考えれば、私は国立に行ける機会を棒に振ったのかもしれません。

でも、AIUに受験のために行ったとき、自分は4月にここにいる気がするなって思いました。
ピン!ときたってこういうことなんですよ、きっと。



だから私は今ここにいます。

振り返れば、想定外の道を来ましたが、私はいつも自分の「根っこの部分」を大事に、今までのようにこれからもそれに従って生きたいと思っています。
(ごめん、なんかこの辺↑自分何言ってんのかわかんないw←)


色々省略しながらも、そしてめちゃくちゃまとまりなかったけど、私の高校時代の話はこれで終わりです。




最後まで付き合ってくださった方、ありがとうございました^^
TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

comment form

管理者のみ閲覧可能
アクセス数
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言
PROFILE

ゆかり

Author:ゆかり
ゆかりです
出身はおかやま
国際教養大学6期生(3回生)
Global Studies専攻
東アジア研究にしようと思ってたけど、一番興味あるのはメディア&ジャーナリズム!

2010年9月~2011年6月 英国はSheffield大学に留学。

My Favorites
赤い物・民族っぽい物・英語・春・Visual Arts・Dance ・Volleyball・スキー・田舎・Shopping・お好み焼き・靴・Blogging・推理小説・寝ること・食べること・祭り・ロングスカート・旅行・映画・ランバンの香水・・・ってキリ無いなw


いろんなことに興味があって、「?」探しの毎日。ちっちゃいことに怒って泣いて笑っていることがおっきい幸せに繋がるって信じてます。

そんな21025番の子。

コメント&リンク大歓迎です^^

初めての方はこちらへ

何かありましたらこちらへ↓
red2003003(at mark)yahoo.co.jp


↓ランキング参加してます!





にほんブログ村 大学生日記ブログ 留学生へ
にほんブログ村

↓Twitterやってます!フォローお願いします^^
yayapotterをフォローしましょう

CATEGORIES
最新記事
月別アーカイブ
CALENDER
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。